iPhone5とテザリング機能

auが先行で開始したテザリング機能。
SoftBankも今月15日から始まったのですが、実際にこのテザリング機能の是非は?
私は基本的にデスクワーク中心ですが、外出先でネットワーク接続が必要な時は、その都度WiMAXの1dayパスポートを使い、24時間接続の600円で利用していました。
これの是非は分かれるところですが、都市部であればメリットがあるものの、私の様な郊外にある場合は電波すら圏外ですから役に立ちません。
はてさて、テザリング機能と同時に注目されだした事が、転送量7GB(バイト)問題。
果たして7GBとは一体どのくらいのデータ量なのか?
わかりやすい目安で申し上げれば、DVDディスク(単層)で約1.5枚分の容量(1枚を4.7GBで計算)
計算すると、1.48となり、小数点2位切り上げで1.5
つまり、DVDデータのダウンロード1枚でほぼ一ヵ月のデータ許容量を超える。と考えて間違いなさそうです。
テザリング機能で使うのは、あくまでも「たまに外出先で使う」というライトニーズと考えます。
普段はケータイでデータ通信だが、時々タブレットやパソコンを一緒に使いたい。と言うものでありヘビーに使うならこれまでのWiMAXをはじめとしたデータ通信専用端末が好ましいと思います。
 ただiPhone5の最終的な月額料金は7805円であり、通話のみで利用するライト契約+WiMAXの契約で置き換えるとSBホワイトプラン基本料金980円とWiMAXのプランが年間契約で3800円です。どちらが安いかは言うまでもありません。
 とはいえケータイの契約が増えすぎて維持費ばかりかさむ事を考えると、iPhone1台で片付くならそれも一つの選択肢です。
テザリングの話題からそれましたが、ある程度外出先でヘビーに使うなら、WiMAXが良いのでは?と言うのが私の持論です。
一方、iPhoneのテザリングに関しては1ヶ月に7GBも使い切れない私の様な人間向けに上限3GBで料金も今より1500円程度値下げしていただきたい。と思います。(まぁそうなれば、前述した1dayパスで良いのでは?と言う事になるんですが・・・)
ドコモのXiがライトプランと言いつつ、料金差が無いのは如何せんどうか?とおもいます。
ただ私の様な併用目的がなければテザリング機能は「不要」で良いと思います。
良い方法がないものか、当面研究の日々が続きそうです

Comments are closed.