システム開発と基礎研究

この話題は、かねがね取り上げる事ですが
システム開発の基本は「不便な事を便利」にすると考えています。
もっとも、基礎研究は便利にする為の「事前準備」になる訳で、私にとって見れば
一番続いているライフワークの一つとも言えます。
現在取り組んでいる事が、iPhoneとiPadを使ったデジタルデバイスの連動
と言う世間では当たり前になったサービスをどう取り入れるか?と言う点。
日頃から何とかしたいと思い描きながらも、なかなかその域に達せない自分がいるのですが、
アイデアが浮かんでもどのように構築すればよいのか?そこに悩みがつきません。
システム開発のアイデアが浮かぶのは、仕事中よりも移動中。特に運転している時にふとうかびます。
「あれが、あれば、ああできる」って感じで、すぐにメモがとれないので、近くのコンビニに車を止めてメモを残し、また移動って感じです。
ある作家さんが留守電に吹き込んで帰宅してから聞き直したと言う話題に私は、「変わった事するな」と当時は思ったのですが、この歳になって自分がしているのを思うと、誰もがとる話題なんだと考えさせられました。
面白い話題があれば、システムにする。
それを思いながら、次はなにをするべきかちょっとひねりながらまた取り組んでいければと思うこの頃です

Comments are closed.