イオンのタイムセール

今日は久々夜の打ち合わせが長引き、時計を見たら既に午後9時。
ちょうど長崎駅近くにいたので、稲佐山近くにあるイオンに行く。
ちょうどこの時間に行くと、普段は山ほど並んでいる惣菜が怒濤の様に売れていく。
なぜだろうと思ったら「半額セール」だったのだ。
つまり、夕方から作り出した食料品が余ると処分するのだが、処分より安く売り尽くした方が良い考えだろうか。
午後9時を過ぎると、全品半額だ。
私の様に仕事帰りの人にしてみれば、消費期限間近とは言え、半額で買えると言う心理的な意味は大きい。
常日頃から、「商品の価値は一体どこにあるのか」と考えた際、安いから「買う」訳でないのだ。
通常なら「***円だが、今はその半額だ」という事に意味がある訳で、いつでも半額なら良さは無い。
さらに、いつもある訳でなく、たまにしか無いところにも良さがある。
イオンのタイムセールは、そういった不良在庫で処分を考えるより、売り切ってロスを極力減らすのは我々も見習うべきでないかと思うのだ。
1円でも高く売る為に、リスクをとるか、1円でも経費を使わない様にするために値下げするか。
この課題は常に駆け引きと言わんばかりの事だろう。
常に消費者の目を見ながら、かつ自分たちにとってどのようなメリットがあるか今後も見極めなくてはいけないとそう痛感させられました。

Comments are closed.