仕事のネタ集め

忙しい中でもあちこち出かける事は決してマイナスで無く、プラスになる事が多い物です。
私自身はどうやって仕事を作るか?と考えた時、何が一番のきっかけか考えて見ました。
*不便である時
*ほしい物が見つからない時
*あるけど高くて手が出せない時
つまり、この3つの衝動が自分の中で起きない限りは、仕事として動かない。
これが見つかったとたんに、「面白い事」につながるのです。
ビジネスをきわめて行く事は時として大事ですが、「不便である」事を便利にする事は、大変重要な要素で
このきっかけが無ければ、何も事が運ばない。と言って過言ではありません。
取引先では、私自身気づいた事を「提案」として良く口にします。
ある会社では、「安く見せる」事が大事と言いますが、私はそれを好ましく思いません。
お客さんは私に「安く見せる事よりお客さんからの疑問をあえて作る」事で、話すきっかけを持つ
と言います。
このアプローチに関して言えば、私の考え方と真っ向から違う事に気づかされました。
これは勿論良いとは言いません。
ただ、あえて「スキ」を作りそこに提案の間口を広げると言うアクションは見習うべき事では無いかと私は考えます。
仕事のネタ集めは
*面白い事を考える
*お客さんの不満を解決する
*共に笑い、共に考える
と言う極々当たり前の事にどれだけ取り組めるかだと思うからです。
「自由気ままなパソコン屋」というこの意味には、「自由=責任」がある前提ですが
「好きな事でお金を稼ぐ」というスタイルは、今の時代に合った事と思います。
好きな事をしたいから「稼ぐ」という、「仕事=お金」と見るか
自分の理想を求めると言う「仕事=生き甲斐」と見るかで全然違うと思うのです。
一つのきっかけを作りながら、次の展開を求め一つ一つやっていこうと思う今日この頃です

Comments are closed.