仕事と信頼

昨夜が遅かった?事もあり、少し体調悪目です。
パソコン屋という職業は何かと因果なもので、即日即応となればあちこち飛び回るのですが、
その行動範囲は県内各地ですが、状況次第では県外まで駆けつけてしまう?事もあります。
最近は、車の老朽化?(先日の7年目の車検で16万5000キロ?)をすでに超えており、すでに酷使しているのですが、まだまだ現役です。
仕事とは役に立ってこその事でありますが、そういった信頼も一朝一夕ではありません。
IT企業に限らず、人間はある程度の便利屋でちょうどいいと考えています。
もちろん便利屋とはいえ、本来の主業務がこなせてであるから+αではあると思います。
そうは思う一方で、そろそろ考えなくちゃいけない事も増えてきました。
「便利屋」である事はやめようと、「専業」でできる事に注力しなくては?とすら思います。
これが一番大事であり、重要と考えます。
仕事のミスを減らす事は、仕事の段取りを考える事。
口頭で間違える事案は必ず、書面にして読み合わせする。
口頭で伝わる事は思っていることの1割、残り9割は受け取り側の「想定」で準備するしかない。
それが結果として、信頼につながるわけです。

Comments are closed.