windows7の諸問題

そろそろ事務所の環境をすべてWindows7に移行するべく、あれこれ画策している私ですが
困ったことにWindows7で使えないソフトウェアが一部ある事に気づきました。
特別な事でありませんが、事務処理を行う経理ソフトがなんとも「Windows7非対応」という事。
本来であれば当たり前に使えるとおもった矢先だけに頭が痛い事です。
それからという諸問題のその二として、MS系Officeを2007系に切り替える事による、互換性問題。
この二つはいずれ直面する問題であっただけに手の打ちようがありません。
前者は、開業してからずっと使っているだけに新たに買い換えるというのは金銭だけでなく、正直つらい事です。
一方マイクロソフトの問題は、あくまでも下位互換として使えばよいだけですからなんとかなると私は考えます。
会計ソフトと収納業務ソフトは、私の会社からみれば「無くてはならない」大切なサービスの一つです。
これらを解決するためには
*ソフトウェアを買い換える
または
*パソコンのバージョンアップを見送る
の二つが選択肢として有力です。
しかし、ここでさらなる問題が浮上しました。
WindowsXPのライフサイクルの期限が迫っていること
今は特別問題なくつかえても、後数年のうちに動作不能なソフトウェアが
今以上に出てくる事。Windows7の後継OSが登場したら今回のような状態ではまず済みません。
準備がしやすい今のうちに少しずつと思う今日この頃である。

Comments are closed.