時間配分と計画性

時は時なり
と考えるこの考察は「時間何にも代え難いものである」理論から成り立ち
その上で「どのように考えるか」がこの時間配分にいえる事だろうか。
計画性
非常に頭の痛いこのテーマ
「限られた時間」をどのように過ごすか
どのようにやりくりするか。
まだまだ課題は多くのしかかりそうに思います。
焦りが逆に「効率」を下げる事もわかっている
でも「何とかしなくちゃいけない」という事を考えるよりは
毎日「1時間」これを行うと決める方がずっとよい
先送りの課題を一つだけでも完成させよう
そんな思いすら感じる今日この頃です。

Comments are closed.