役に立つようで役立たない「無線LAN(ワイヤレス)設定」

無線LANの設定もWPS(決して湾岸署ではない)やAOSSが普及し、設定もだいぶん簡素化されてきた。
その一方で、困った事がある
手動設定が面倒な事に

ワイヤレスLANの設定は比較的簡素に作っているものの、初期設定のパスワードはランダムに割り当てられている関係上、手入力は正直骨が折れる。

パスワードがハードウェアの底面に記載はされているが、文字が小さく読みづらいのは私だけで無いと思う。

その一方で、この手動設定をもっと簡単に出来ないか?セキュリティは最大限に配慮した形で

と言う2つのわがままをクリアする奇策を考えてみた。

セキュリティIDの初期値はMACアドレスを使ったり、メーカー名を表記したりするケースが多いが、
このあたりは「初期値のまま」で使って幾分問題ないだろう。

問題はパスワードである。

元々ランダムに割り当てられている「パスワード」をストレートに短時間で入力する行為はきわめて難しい。

どのような方法がよいか?

一番のオススメは「電話番号10桁」である。

WEPキーの一種である WPA2Wi-Fi Protected Access 2)の暗号化として必要な条件を満たすという事である。

もっとも「セキュリティ」が弱くなるんじゃないか?
とか、「個人情報」がやばい
と思われるでしょうが

私は言いたい「設定」を簡単にあなたはできますか?って

私は「設定方法」は簡単であっても「セキュリティ」を高める方法はいくらでもあると
もちろん、これに「接続先設定」や端末制限をかければ良いだろう

どんなに「サービス・セキュリティ」が向上しても、「設定」できなければ意味がない。

そんな事から標準の設定を「電話番号」にするのは一つの策としてみてはいかがだろうか。

Comments are closed.