本人性確認の意義

NTTの名義変更に関する封筒はいつの間にか
「料金受取人払い」から「通常封筒」にかわっており
ついにNTTもじり貧?
さて、そんな事はどうでもよいのですが
本人確認の資料を読み唖然としたのは
「健康保険証」と「国民健康保険証」はどこが違うのでしょうか?
この表記で並べられているのを見て
・・・・。
何を考えているのかさっぱりわかりません。
その上、写真付き身分証明書だと「1通」でよい証明も
「住所」がなければ2通提出というが
写真がない場合は「2通」という条件が付き
・・・・社会通念上、常識的に持っている本人性確認の資料は
*運転免許証
*健康保険証
*年金手帳
*パスポート
に限られ、それ以外の資格証明書は、書けばキリがないし、無駄極まりがない
ある銀行の身分証明書の取り方は
公的証明書(保険証など)+「本人宛に届いた公共性の高い書面1通」という条件を課しており、この手順が一番まともといえる。
つまり「公的証明書=本人が持っているだろう書面」であり、時として偽造が可能な性質を持っているが
もう一つの「本人宛に届いた、公共性の高い書面1通」という条件は、非常に厳しい。
なぜなら
郵便物を証明書の一環で提出しなければいけないからである。
つまり、公的証明書は「本人」だけが所有を許されるものに対し、公的証明書が裏付ける「居住性」の高い情報を組み合わせる事で、本人確認がとりやすいという事だ。
それから考えると、
住民票はあまり証明書として体をなさない
印鑑証明書は、書面だけでは何の意味も無いが、朱肉をつかった陰影があることで、効果を発揮する公的証明書となる
・・・この点を考えて
もう少しNTTも研究してほしいところである
今日またしても学校ネットワークからの書き込みが見つかりました。
書き込んでいる内容は非常に可愛いものですから実害はないものの、前回のような物とは違い
趣旨を伝えた上で、対策を依頼しました。
なにぶん、長崎市内であるだけにどこの学校だろうかと不安だけが残りました。
近所故に、うちの学校でしたスミマセンと菓子折持ってこられるような事にならないよう今から冷や冷やしています。
掲示板の書き込みと違い、ブログのコメント欄は不特定多数が閲覧しやすい構造となっており、特にコメントの掲載については、慎重を期すべき所が多く書き込んだ側は何気ない事としても、書き込まれた側(つまり私の会社)に取ってみれば不愉快な事もあります。
もちろん、そういった不愉快な書き込みは原則、管理者権限で「削除」ですが、必ず発信元を確認してから削除と言う流れをくんでいます。
一般ISPからの書き込みであれば、便所の落書きと見なし即削除としておりますが、「官公庁」「教育機関」「一般企業」所有のアドレスからの場合は、調査依頼をISPに対し依頼を行い、関係機関へ通知するようしております。
これは、防災訓練ならぬ調査訓練という名目かもしれません。
避難訓練といった「防災活動」は積極的に行われていますが、今回のような「インターネット調査訓練」といった事はまだ行われていないように思います。
もちろん災害も頻繁に起きてしまえば意味がありません。
ただ、こういった事件が起きたときの対策として見た場合、私たちが出来る事の一つとして、
証拠は消さない
証拠は印字する
が何よりも大事です。
その上で、関係機関へ問い合わせを行う際
1:サイト上で確認できること
2:申告内容が社会通念上、適切と判断されること
の2点があれば
大事に至らず、発見できると思われます。
今後の調査発見につなげられるように思う次第です

Comments are closed.