自分の事について語る

今日も長崎は雨でした・・・
いつもの事です。
今日は自分の事を取り上げてみます。
パソコン屋を始めて今年で9年目、準備期間を含めると10年目になります。
10年前も今も大して変わってないと自分では思いますが
当時と違うのは「仕事」が増えたことです。
10年前を振り返ると、ちょうど西暦2000年問題。私にとってみれば、某予言者がどうなるとかそんな事はどこいくやらです。
将来どうするか「漠然」としか考えてなかった自分がいました。
既にこの時点でだめ学生だったのかもしれません。
何となく「学校の先生」になろうと教員免許を取得するべく、出身校で教育実習の準備をしていた事を思い出します。
教育の醍醐味は「学習」の関心をどれだけ持たせることができるか?と言うこと。
パソコン屋として現在、仕事をやっている自分は既に過去の話です。
ろくに勉強しなかったこともあり、採用試験は当然不合格。
本当なら、それから臨時採用とか、他の方面に就職を考えなくてはと思ったはずですが
その後、縁あって島原半島の南高来郡小浜町へ
それからもう10年が経過するのは時の流れを感じる所でしょうか
10年一昔と言いますが、同じ事を続ける事は決して簡単な事ではありません。
それでも、続ける事ができたのは地域に根付いた仕事を続けたからだろうと自分なりに思います。
もちろん、いろんなトラブルもありましたし、悔しい思いをしたり言えばキリがありません。
ここで学んだ事は
パソコンの事よりも「人」としてどう接することが大事か?と言うことです。
ITの技術などは日進月歩で進化しています。
私もその中でどう生きていくか
少なくとも、何度も「仕事を諦めかけました」
自分の力のなさを思い知らされることばかりでした。
どちらかと言えば「挫折」の連続だったように思います。
ただ、個人事務所として活動する中で「何一つ保証」も無い代わりに
「自分のやりたいようにできる」魅力は何事にも代え難い事に思います。
今は「とにかく最後まで諦めない」事を基本に考えるようになりました。
・・・無理なことはしない
せっかくなら自分が楽しいことをやるって
そう思うだけでどれだけ気分が楽になったかわかりません。
そんな訳でまた明日

Comments are closed.