イーバンクマネーカードの失効間近

鳴り物入りで始まった、イーバンクマネーカードも来月4日までで一部廃止にするという
(無料サービスの一環だったのだが、利用上の穴を突かれ事実上の廃止)
2010年4月以降も利用するには、有料会員(クラッシクは1000円、ゴールドは3000円)支払うことで継続が可能。
ただし、同等サービスで先発企業のスルガ銀行はこれまで通りの運用であるのに対し、イーバンクは廃止というのは
明らかに「利用者層」が異なるからだと思われる。
つまり、客層が「低所得層」が中心だったことを物語り、残高がなくても利用できるという錬金術的な使い方ができたのも一因ではないだろうか。
即時決済用のサービスとしては便利だが、継続利用や一部の特殊サービスには全く利用価値が見いだせず
もっとも「利用手数料」がなんでも有料になってしまったこともユーザ離れを出した原因ではないだろうか。
今月から一番の主力だった振込手数料を改定(1件あたり50円)を導入したことで、ますますネットバンクの使い勝手を悪くしたのではないだろうか。(昨今のネットバンクは自社間(自行間)は無料が主流)
このような時代の流れと逆行したことになるとは当初は思っただろうか。
この問題は、近年オープンしたネットバンク系はすべて同じ問題を持ち
*じぶん銀行   経常赤字(設立メンバーの社長は既に退任)
*イーバンク銀行 通年赤字(設立者は楽天傘下になったことに伴い退任)
*イオン銀行 累積赤字(イオンが主体なっており、赤字はまだ抱えている?)
一方で、黒字を出しているのは
*ジャパンネット銀行 黒字経営 堅実な経営(三井住友系)とカードローンの融資がメイン 
ただ、ジャパンネット銀行は、慎重になりすぎな一面もあり、確実性が伴わない事業には手を出さない
他の金融機関が行っている(ペイジー業務)は未だに参入しておらず、イーバンクがはじめたvisaデビットのサービスを今年から始めた。
こういうところからみても、本当にどうなんだろうか?
今後の動向に注目しよう

Comments are closed.