誹謗中傷の記事とその対策

今日は取引先から「掲示板の誹謗中傷記事」を削除できないか?という相談をうけた。

自分たちも掲示板の管理者にメールを出すが、一向にとりあってもらえない。どうすればよいか?

ということについて、私はこう回答しました。

*「ドメイン」を管理する会社が必ず存在するため、管理会社へ連絡をするとよい
*内容が事実無根であれば、被害届を警察へ提出

という2点であるのですが、実際のところ、掲示板管理人は「問題の記事を書くのは管理人ではなく、利用者」だということ

仮に今回削除しても「また書き始める」し、掲示板管理人に対する信頼も落ちる
と考えてるのが自然なところです。

これは、過去にポータルサイトを一部運営した際におきた事例によく似ており、誰が書き込んでどう対応するかは掲示板管理者でなければ詳細はわかりません。

ただその詳細の記事をつかんだところで、犯人がだれかを突き止めることは大変困難といえます。

もっとも、掲示板などに悪評がかかれることは「多少織り込み済み」としてとらえ、有名税と思うことも大事です。

警察などが動く場合は、実名・事実無根・被害者が女性という場合でなければ残念ながら対応してもらえないのが実情です。

一番考えなくてはいけないのは「掲示板になぜかかれることが多いのか」ということ。

口コミは誰の噂よりも信憑性があり、影響力を持つことは私の経験から照らし合わせても明らかです。

それだけに、今回の件について「利害関係」をもう一度整理しなくてはいけないだろうと思います。

本題の「仮に管理人権限で記事を削除」した場合、すぐに「書き込み」が復活するのは明らかです。

これがどれだけ続くかは、まさに「自分たち」の知るすべはなく、半永久的に続くと考えていくしかありません。

書き込みされたことについて

神経質になる気持ちはよくわかります

火のないところには煙は立たない

ということわざがあるとおり、掲示板にかかれた口コミを真摯に受け止めサービス改善につとめるしか方法はないだろうと考えます。

本件を他人事と思わず、自分自身も気をつけなければいけない

そう思う今日この頃です。

Comments are closed.