JPドメイン指定事業者(レジストラ)の謎

世の中、色々と理解出来ない事があります。
JPドメインの指定事業者(代理店)を変更する場合、下記の流れで行います。
http://jpdirect.jp/general/transfer/
私の会社が行う指定事業者(A社)から移転先の指定事業者(B社)に変更を行う場合
1>B社よりA社に対し「移転の通知」が届く
2>A社は契約者に対して移転の同意をとる
3>契約者の同意が取れたA社は、B社に対し「承認」の回答を行う
4>JPRSより代理店権限がA社からB社に代わった事を通知
5>B社はA社が行っていた業務を引き継ぎ、自社の作業に取りかかる
と言う、ざっくりこういう流れでありますが、今回移転を行うB社は、指定事業者(代理店)の資格を持つ
いわゆるドメイン管理事業者です。
しかし、この代理店は、自社の代理店権限を使わず、いわゆる専業代理店であるC社から申請を行ったのです。
不可解に感じた私は、B社に「C社から連絡が入ったが大丈夫か?」と尋ねたら
担当者は「ええ、当社がC社と契約して使っているのです。」という声
私にしてみれば、不思議な会社に思えてなりませんでした。
自社で行えば、コストも下がるドメインをわざわざ他社を使うのだろうか?と言うのが正直な感想です。
その裏を考えてみれば、JPRSの仕切値より、C社の方が安かったとすればどうでしょうか・・・
もちろん、真相は定かではありませんが
JPRSの代理店には、誰でもなることは出来ません。
経営状態など、いくつかの審査項目があり、その条件に合致する等
決してもれなく、誰でもと言う事ではありません。
代理店の加盟金は、25万円(税別)と一般的なFCに比べれば、破格の安さです。
指定事業者の壁は、それほど厚く・険しいと思うのです。
さらに、指定事業者の変更を行う場合は
オンライン回答の会社
メール返信の会社
オンラインオーダーの会社
さらに・・・・
署名・捺印・書類郵送の会社
とその手続きは千差万別です。改めて、ドメイン管理の難しさを肌で実感する限りです。
今日も一日勉強でした・・・

Comments are closed.