ペリカン便消滅~JPEXの終焉

既報の通り、ペリカン便が廃止になった
宅配専門会社として設立した、JPエクスプレス(JPEX)は、日本郵便(JPPOST)に吸収され解散する事になった。
http://www.post.japanpost.jp/whats_new/2009/1224_01_c01.pdf
かねてからの問題が多かった日通にとって、ペリカン便ブランドの消滅は、物流の荒波に飲まれ
結果として、サービスを廃止せざる得ない程収益が悪化していた事は事実と思われる。
その中でもJPEXの問題は、郵政民営化の一つとして注目を集めただけに、今回の結果は物流企業大手2社(佐川・ヤマト)の競争に日通が脱落した形である。
しかしながら、日通のサービス力・商品力などは決して劣っていなかった・・・が
元々の国営企業の名残が色濃く残っていた事が今回の日本郵便との合併の末路ではなかったのだろうか。
新ブランド名が「ゆうパック」である事は、一ユーザとして見た場合、正直「ホッと」したのがホンネだろうか。
ゆうパックの存続=「切手」での支払いが可能となる
点は、かなり大きい
かねてから取り上げているように、ゆうパックのサービスは他社と明らかに違うのが「配達通知」を届けるサービスや「切手」による発送、「代引き」契約が原則不要など、この点を列記するだけでも十分、競争力はあったはずだ。
にも関わらず、ゆうパックが伸び悩んだのは「利便性」が悪かった事のだろうか
運賃についても、「離島」や「沖縄」については、圧倒的な「優位性」を持っていたゆうパック
この点も悩ましい所だ
今後の動きに注目したい

Comments are closed.