指定金融機関について考える

最近は、銀行振込というよりはカードやコンビニ決済が主流になってきた感じを受けます
一方で、口座振替となれば、引落可能な金融機関を選択しなくてはならず、これもまた大変な話題です。
今までは、銀行=近所にあるお店
が一般的でしたが、いつの間にか「銀行=ネット店舗」も業態に加えられるようになり、時代が変わってきたのは事実です。
最初の頃は、銀行振込先といえば、いわゆる近隣銀行を振り込み指定先にしておりましたが、いつの間にか「ネット銀行」へシフトしたのは、理由があります。
一つは「振込の場合、いつ振り込まれるか分からない」というタイムラグが発生してしまう
もう一つが「同じ銀行なら24時間リアルタイムに振込が出来る」という、今までの「時間差振込」を無くす施策
といった二面性を考慮し、利用しているのが現状です。
ただ、現在保有しているネット銀行の口座のもう一つの特徴は「個人専用銀行」が多く、法人を対象とした銀行が少ない事に気づかされます。
ジャパンネット銀行とイーバンク銀行の二つについては「法人名義等」で開設することが可能な事もあり、現在は主としてジャパンネット銀行を振込先にしているのは、上記の理由があります。
ただ、いくつかのユーザーの意見を見る限りでは、「ネットバンクに魅力を感じなくなった」という意見はもちろんの事、手数料がなんでもかかるから使いにくい
といった事で、結局近所の銀行へ回帰するケースも決して少なくありません。
私の会社であっても、本来であれば近所の銀行を振込先に指定する方が良いのですが、管理面等を考えた場合にどうしても不便さが出てしまうのが唯一の難点です。(日常決済業務においては何一つ支障も無い為、現状通りですが・・・)
ネット銀行の良い所は、ITサービスを生かした銀行機能であり、どうしても実店舗のようなきめ細やかさは期待出来ません。
ただ、24時間確認出来る利便性や入出金・振込の手続きが出来ると言う現代的なサービスには便利な会社といえます
いずれにしても、ネット銀行の利便性をいかせなければ、使うべきでない銀行の一つともいえそうです

Comments are closed.