A3カラーレーザープリンタもいつの間にか4万円台から

先日から、とある会社への見積提案書を作るべく、プリンタ情報を調べてみると
思いの外安くなっていることに驚きました。
一昔前(2000年頃)はA4タイプのレーザープリンタが20万円だと安いと言われていたのに、いつの間にか表題の通りA3で4万円台という破格な商品が登場したことは大変画期的な事に思えます。
最近買うプリンタの選定基準は
「A3対応である事」
「できればレーザータイプ」
「LANは絶対」
「メーカは問わず」
といった所で、チェックしてみると
思いの外、安い機種がある事に驚きました
一例として
EPSON LP-S5000
http://www.epson.jp/products/offirio/printer/lps5000/
期間限定とはいえ、49980円は安い所です。
元々の定価がどの程度かは分かりませんが、今後の実勢価格に据えたように感じるところです。
消耗品等を購入したら、あっさり5万円は超えるので何とも言えませんが・・・
さらに
RICOH IPSiO SP 710e
http://www.ricoh.co.jp/IPSiO/spc/710e/
こちらもほぼ同じ相場で、安いところだと40000円前半で購入できる事を考えると
安くなったなぁと言うのが正直な感想です。
もちろん、安い機種には相応の理由もありますし、使う使わないは個々人の考え次第ですが、ちょっと高級なインクジェットプリンタが5万円台でA4までと言うことを考えれば、A3カラーで4万円台というのは、導入の候補に入れても良さそうです。
ただ、欠点として、とにかく「でかい」事
そのうえで、「米俵1俵」以上の重さがあることをふまえるとインクジェットプリンタの方が軽い事は事実です。
ランニングコスト等は一言に比較できませんが、ほとんどの機種においてLAN対応である事はレーザープリンタならではの特徴で、今回の選定で感じたことは、全体的な製品の低廉化が進んでおり、一時期の常識は全く通用しない事でしょうか
ただ、レーザプリンタにおいて、やはり今も気になる点が、「定着液」を使うプリンタか使わないか?と言う所です。
エプソンの場合は、定着オイルを使うタイプの為、光沢が出ますが、どうしても見栄えが悪いと言うことで、キヤノンを選んだケースがありました。
これまで、レーザープリンタ=高嶺の花といったイメージが、長年専門で携わっている自分でも感じた事ですが、ここまで低廉化すると、急速に普及するように思います。
いずれにしても、注意しなくてはいけない点は、消耗品は決して安く無いこと
この点は、導入前しっかりチェックしておく必要がありそうです。

Comments are closed.