ノープロブレム~Noと言える日本人になりたい

私も、結構口べたですが
うろ覚えの奴ですから、書類は良く間違えるし、迷惑ばかりかけてます
しかし、先日からメールを出すたびに、言い訳の連発ですが
その言い訳も「もっともな」言い訳なら、仕方ないって
言える私がいます。
しかし、今回ばかりは、さんざん待ったあげくにデタラメな回答をされた日には
信じられない・・と言うよりは、さすがに呆れました。
何でもNoNoNo・・・と連発するよりは
「出来るように改善する」の一言くらいあれば良いのですが
経営者と雇われの違いがあるのかな・・と思う所です。
私は、Noと言わなくちゃいけない場面は実際、多く存在しており
そのたびに、どう断るか頭を痛める事はしばしばあります。
それでも「お客さんには迷惑を掛けられない」という気持ちから
「何とか期待に応えよう」と言う気持ちになります。
これが、自分における原動力ですが、「アレもダメ、是もダメ、予定もない」といわれた日には、がっくり肩を落とすものです。(事務員が言うには・・最初から期待するからダメだとか)
そうなれば、「自分」の手間を増やす事で解決するしか無く困っても頼る事は出来ないと思うのです
顧客が離れる瞬間というのは「サービスに関する信頼性が薄れた時」
であり、しっかりサービスをこなす事が日々の信頼につながると信じているからです。
多少、言葉遣いが悪くても
多少、素行に問題があっても
私は、仕事が出来れば「文句」は言いません。
仕事が出来ないならば、言葉遣いや素行くらいはしっかりしてほしいものです。
実際問題、素行や言葉遣いがしっかり出来る人のほうが「仕事」が出来るのは現実です。
たった一言の言葉で「喜び」
たった一言の言葉で「傷つき」
たった一言の言葉が「人生」を左右する
仕事って難しいと

Comments are closed.