熊谷千葉市長31歳

私個人は、政治や宗教の話題が嫌いですが今日の話題は、全国最年少市長の話題です
政権交代とか与野党対決などにはあまり関心も無ければ、経済効果がどれほど見込めるかも分からないこのご時世に
昨日の千葉市長選挙で当選した、熊谷氏は弱冠31歳という
かくいう私も、30になった訳ですが
同じ世代で、政令指定都市の市長に就任すると思えば、やはり重責を感じてしまいます
河村名古屋市長を始め、奇抜な市長が誕生することは、大変刺激的と思います。
かくいう、長崎市長も、市役所の課長職からの転身ですから、決して他県の市長には負けてない・・・と思います。
しがらみとか、利権等に関する事は、もちろん今後大変な事になると思いますが
同じ世代のひとりとして、今後は自治体の首長になる人が増えてくるのだなと思えば、少し歳を取った気分になってしまいます。
昔から、他人のフリして我が身振り直せと言うことわざがありますが、自らの発言で物事が左右する事が増えてきている事をつくづく実感する今日この頃です。
言葉については、きちんと考えて話す。物事は後のことまでしっかり考える
多くの千葉市の有権者は「変革」を求めた結果、「若さ」に託したのだと思います。
政治という世界は、私にとって未知であり、未だに漠然としか見えていません。
本当の幸せとは「政治」に関心を持たずに、まちが豊かになる事ですが
昨今の政官不祥事が続けば、必然と関心を持ってしまいます。
熊谷市長には町に根付いた結果を残せるようにがんばってほしいですね
千葉市の情報
http://www.jichitai.org/ranking.php?mode=preview&id=12100

Comments are closed.