【携帯】携帯各社の最近の動静 :: 事例紹介

今日は珍しく、箇条書きにしながらコメントをつけていきます

NTTドコモ *パケット定額の下限を490円に設定する *みずほ銀行と協業でネットバンキングサービスの拡充 (携帯番号で送金する新サービス・銀行代理店系で参入)

KDDI *パケット定額の下限を390円からとする (ただし、パケットは0.105円/パケット)

ソフトバンク *ホワイト学割を9月末まで延長 *パケット利用の帯域制限を試験実施

と言う割には、あまり話題になる事ばかりでありません。

その中でパケット定額を下げる事よりも、上限を下げなければ意味がない事は、ことあるたびに取り上げた話題の一つです。下げる事ですなわち、ユーザがさらに利用しやすくなる?

と言うことは正直考えにくく、上限は1995円一律にする方が、よっぽどいい感じがしてなりません。

私ならば、パケット定額という制度よりも「基本料金0円」で「パケット利用上限1995円」、通話基本料490円の方がよっぽど魅力的で、使う人でも3000円以内におさまり、使わない人は1000円未満である

と言う事は、実際問題不可能に見えて、可能では無いか?と思ってしまう場面です

もちろん、今までと同じ規模の収益確保に向けて

「有料コンテンツ」

の拡充は絶対必要と思いますし、サービスのシンプルさももっと打ち出せれば良いのでは?と個人的意見を交えつつ感じてしまう所です。

携帯電話が月額1万円は高いと正直、考えてしまう私です。

せめて月3000円。高くても5000円と考えますが

普通に利用していると、1万は軽く越えるのが現状です。

いつのまにか、国民総利用の携帯電話ですが

できれば・・・持たないで住む生活をしたい今日この頃です

Comments are closed.