資格試験を取る意義とは?

最近は、あまり資格試験を取らなくなりました。
理由は様々ですが、試験合格したら仕事が増えるか?と言えば残念ながらNoだからなのです。
パソコン屋として、一番の勉強は様々なセミナーに参加して色々な知識を広げる事ではないかと思います。しかし、資格試験は一度はチャレンジするべき事と思います。
免許と違い、資格試験は直接的なメリットはありません。
試験合格に至るプロセスは着実に仕事へ生かされる為、自己鍛錬の為と思えば効果的な事と思います。
先日、とある国家試験の合格発表があり、受験すると有言実行した方が見事に合格しました。
なかなか出来る事ではありませんが、相当勉強したことと思います。
資格試験に合格する事はもちろん重要ですが
それ以上に、受けるぞと決心して、目標に向かってがんばると言う姿勢はなかなかできないものです。
私も含め、すぐに挫折して、諦めてしまう人間が多い中、努力して力を付けようと言う人が身近にいると、私もがんばらねばと奮い立たせられるものです。
資格をたくさん持っていても、自分自身の力を上げなければ役にも立ちません。
資格試験の合格はまさに、一定水準に達した証明といえるのです。
合格=ゴールではなく、スタートである。事は、どんな分野でも同様に言われています。
一方の私は日々の研究につとめる毎日です。

Comments are closed.