不思議な話

最近mixiに限らず、ブログで「反社会的」な事を掲載して、お仕置きが増えた記事を読みながら
つくづく「自分の記事は大丈夫だろうか?」
とおもう事があります。
現実問題、読んで不愉快になることはやはり慎むべきであります
文才がない私にとって、ありのままを書いてしまうため、どうしても「本意」が伝わらず、誤解を招く事もあるようですが。
一例として「自動車を飲酒運転+無免許」というのを冗談で書いたら冗談では済まないでしょう。
私が一番不思議に思うのは「匿名だからばれない」と、変な自信があるからだと思うのです。
誰にも知られたく無ければ、公開してはいけないし、誰にも話してはいけない。
どうやら「ブログ」は「知っている人は見てないから大丈夫」という神話があるのでしょうか。
もしそうだとすれば、改めたよさそうに思います。
常々、ブログに記載する記事は「社会的に問題はないか」という事を考えなくちゃいけないと言うこと。誰もがジャーナリズムになれるこのご時世だからこそ、文字の意味をもっと考えなくちゃいけないと考えさせられました。

Comments are closed.