勉強は何のために?

取引先からの一通のメール
回答そのものは、とても信じられない事だったので、ただす為、本人へ電話。
詳細について、尋ねたら「同様な問い合わせは多いとのこと」
いったい何を考えているのか?
私自身、怒りを通り越して、唖然としたのは言うまでも無い。
同じ「不可」であっても、「今後対応出来るようにする」と「予定が無い」では、全く違う訳で、
「予定が無い」=「使えない」であり、「対応検討」=「見込みがある」
と判断出来るのでは無いだろうか。
その理由そのものを尋ねると
・・・・メールの回答がそのままの理由だった。
青ざめた事は言うまでも無い。
詳細については、後日回答をもらう事になった。
勉強って、日々の出来事がそのまま「勉強」と思っている。
ただ、どのような事が大事で、不要かは、人それぞれである。
「ビギナーズ」だから、勘弁してよというのは、最初の数ヶ月だけで、それ以降は「プロとして」自覚のなさがこの結果では無いだろうかと思う。
お客さんから「なんとかならん?」と言われれば、「理不尽」な事と「物理的・技術的」に無理な場合をのぞき、ご希望に添える様にするのが、我々の仕事じゃないかと。
様々な事に対応するため、お客さんから得るものは多いと思う。
自分もこのような事にならない様、日々研鑽しなくてはと思う今日この頃である。

Comments are closed.