スパム対策と原因について

スパムメールは、なかなか減らすことが出来ないだけに悩ましいところです。
このスパム検出の目安が「ブラックリスト」登録の有無が判断の基準になっていることはあまり知られていません。
スパムに登録される要素は「ウイルス」などをばらまいた時や、迷惑メールを送信した場合、登録の対象になり、スパムデータベースを共有する会社において、すべて共通に使われることがあります。
一度、登録されてしまうと、簡単に解除されることが無いため、気をつけなければならないことでもあります。
対処の手順はデータベースリストからの解除になりますが、このほかにもスパムに登録されたサーバを利用しないことも対処の一つといわれています。
迷惑メール対策は、インターネットでやりとりする以上、きっても切り離せないことと思います。
改めて考えさせられました。

Comments are closed.