パソコン屋からみたサービス力の目安

このような仕事を続けていると、どのようなことが重要か?考えてみることがある。
サービス力=会社の能力と言うべきことになるのだが
最近の業務形態はJV型ビジネスが主流となってきた。
JV=Joint Venture(ジョイントベンチャー・合同事業)というスタイルで行い、利益分配を行うのである。
常時雇用でない形態をとるため、企業は必要以上のコストを確保する必要もなく、リスクも小さい。
しかし、仕事が常に供給される状況でないため、自活するだけの基盤を作る必要もある。
続けきれない会社は淘汰され、結果を残せばさらなる仕事が増えてくるというため、最近はJV率の高さがサービス力の指標になると感じている。
ますます厳しい現実を突きつけられ、いつまで体力が持つかはらはらの毎日である。
うちの会社のサービス力の定義は「かゆいところに手が届く」ことと考えている。
目標に向かい努力の毎日である。

Comments are closed.