. . .

パソコンの賢い購入方法

最近のパソコン環境は、一時期の高額商品というイメージを少しずつですが、払拭してきてます。
うちの環境は
ノートパソコン+外付けディスプレイというものです。
ノートパソコンにも画面があるのになぜ?と思われる方がいるかとおもいます。
15.6:350:263:0:0:DSCF6640:right:1:1::
この方法は、ある電気店の仕入れ担当課長の方が、これからはこういう使い方が流行になるでしょう。という話をしてたことを思い出す。
当時はまだ液晶ディスプレイも決して安くなく、まだ廉価版はブラウン管で液晶にシフトしているところであった。
近年、環境も改善され、パソコンの値段が安くなってきた時に、この環境をいろんな現場で見るようになった。
以前私は、作業用とメール処理用にわけていた。当然、パソコンも2台、スペースも2倍、電気代も2倍である。
人間は1人しかいないので2台同時に使うことはない。
このような環境を見ると「マニアだから」とか「仕事で使っているから当たり前じゃないか?」という声も聞く。
実際のところ、これが便利なのだ。
インターネットのウェブサイトを見るときどうしても画面いっぱいにして見ることが多い。
ほかの作業や参考にする場合は、切り替えたりして見るのがほとんどである。
電気代も節約できてキーボード操作は一つで済む。
きっと、仕入れ課長はこの事を言いたかったのだろうと今更ながらに思う。
話を聞いたのが6年ほど前だったので、もっと早く気づいていればよかったなと思う事である。
もしパソコンを持ち運びせず、自宅で使う人ならば、外付けの液晶ディスプレイは是非購入をお勧めしたい。
あと、パソコンを買ったらどうしても必要なのは周辺機器やオプション
現在、WindowsVISTAが発売された。しかし、販売台数は伸び悩んでいるという。
理由は「地デジ」対応のテレビなどが売れているからだという。これも当然の話である。
VISTAは、どうしてもメモリが必要でXPの頃とは比べものにならないほど高機能化しているのが要因で、標準512MBのパソコンは+512MBから2GB(2048MB)の増設をおすすめしたい。購入の段階で難しい場合は、512MBだけでも追加した方がよい。
動作環境に大きく影響するだけに要注意である。
セットで購入するもう一つの周辺機器が「プリンタ」である。
これには、お金をかけてほしい。
パソコンのグレードは極端じゃない限り落としてかまわない。メモリも後で買えばいいのでよいが、プリンタだけは、一度買えばなかなか買い換えづらい。
傾向として多いのが、「高性能パソコン」と「入門用プリンタ」の組み合わせが多い。
これは、正直おすすめできない。
むしろ「入門用パソコン」+「高性能プリンタ」の方がずっとよい。
なぜかと言えば、パソコンの性能は使ってみるとあまり差はない。しかし、プリンタは驚くほど差が出る。
ただ、高性能プリンタにも欠点はある。
・・・・インク交換のランニングコストが入門用の倍以上になる事がある。
キヤノンを例に挙げると、
入門クラスのプリンタ 4本インク方式(1000円×4=4000円)に対して、高性能プリンタは8本インク方式(1000円×8=8000円)となり、実に2倍である。
ただ、これは全数交換した場合なので現実はまずあり得ない。(実際のコストは平均して2000円くらい高くなる程度)
実際の売れ筋は、プリンタ+スキャナ付きの複合型プリンタという機種である。
最近はファクスメーカもこぞって出してきているため、印刷機としてでなく、複写機(コピー機)として活用の範囲が広がっている。
複合機も1万円から10万円までの幅広いラインナップがあるが、売れ筋は1万円台が多いという。
性能面を見るとどうしても疑問が残るが、いまの流れと言うべきだろう。
以前は「複合機=目新しいもの」というイメージが強かったが、近年は「複合機=定番」となってきている。むしろプリンタ単体の使い方が家庭用では減っている様に思う。
入門向けに購入するならば、キヤノンかエプソンの複合機が消耗品を購入する際、確実に手に入る。その他のメーカの場合、販売店舗が限られている最悪、取り寄せになるので注意が必要。
お金に余裕があれば、高性能なプリンタ単体をおすすめしたい。
複合機も悪くはない。ただ、使いやすさをしっかり見定める事が大事である。
複合機は名前の通り、いろんな機能が付いているため操作が難しい事と故障が多い反面、プリンタ単体の場合、印刷機能に限られるため複合機ほど故障は少ない。
***パソコン屋からよいパソコン購入のアドバイス***
「パソコン保険」はお忘れずに!!
ノートパソコンの場合、下手すると「新品が買える」ほど修理代がかかります。
・・・恐い話ですが是非ご加入を!!掛け金は年々上昇しています。
「パソコン購入」もコツをつかめば掘り出し物を当てることも可能なので、ある時期に行けば、確実にいいパソコンが安く買えます。まめに通っていいパソコンを是非手に入れましょう