不良債権

ミスは誰にだってある、ならそのやり方はあるはずだ

先週から、風邪で寝込んでほとんど仕事をさぼっていた、おおくすです。 最小限の仕事と掛かってきた電話だけを捌くと言う何とも非生産的な事は、ボクにとって不本意ですが、そんなさなか勃発した、請求書騒動。 入金が無い!!   ボクのところで、請求書出して期日までに入金してこないケースは約5割。   5割という数字はまんざら極端な数字でない。 請求書発行と入金の状況(直近請求書から) 1週間以内 2割 期日以内 3割 期日超過後1週間以内 1割 督促状1回~2回 3割 貸倒処理 1割 まぁ、ひどい訳でして 最近請求書の件で頭をひねったのが、以前は「請求書」に支払期限を盛り込んでいなかったので、マズかった。と言う事から、市販の販売管理ソフトから自社開発に切り替えたものの、結局は支払期限を書いていようといまいと払わない人は払わない。払う人はすぐに払う。 口座振替を導入した背景にはこういった支払にルーズな人が・・・まぁ、多い。   多いんじゃなく、多すぎる。といった方が正しい。   あげくには、請求書の日付が古いから支払できないので、新たに作って欲しい。と言うところまである訳で。 これに関しては、客観的に証明しづらいですが、要約すると 「おおくすは、請求書を期日通りに発行した」 「先方は、経理に回さず放置した。しかし、古い請求書のため、再度発行しなければ支払ができない。だから日付を書き直して再度発行していただきたい。」 ボクには理解に苦しむわけで、別にやましい事は何一つ無く、正当な理由で発行したものが不遇な扱いを受けるのは正直忍びがたい。 ボクから見れば、資金繰りに苦しく、少しでも支払期日を延ばしたいと言う事情ならば、何らかの処置も検討できたのだが、単に自分たちの過失を業者にふっかけて赤字被らせると言う事は、今回のケースに限らずとにかく多い。 督促状を2回3回出すのはザラで、今年は本当に少額訴訟に踏み切るしかないかと言うところまで来ている。 それくらいひどい。 これが当たり前なんだと言えば、ボク自身はまだ甘いんだと思う。   訴訟提起をするにも、しばらく時間が掛かるとおもうができれば面倒な事はやりたくない。 […]