雑記帳

ねじ締めは軽く優しくていねいに

投稿日:

image_pdfimage_print

意外と知られていない話。
ねじというのは、最後をしっかり力いっぱいしめる方がいます。
かくいう私も昔はそうでした。
ねじ締めの方法の考え方が変わったのは、大学時代、教職課程の講義のときでした。
話の内容は
とある大学(失念してしまいました)の学長さんが「ねじ締め」の講話をされたそうです。
「ねじはとにかく締まった後もさらに締め込む方がいるが」、これは「間違い」であると言うのです。
じゃあどうしたらよいのか?
意外とその理由は単純でした「ドライバでねじが止まればそれでよい」それ以上は回す必要はない
という事。
へっ?と思うのは私だけではありませんでした。
これには、理由があり「ねじ」はものとものを固定するものである。
ねじがゆるめばまだしめればよい。
無理に力を加えると、ねじ山をつぶしたり、ねじ穴を壊したりと意味がなく、無意味であると。
そのときにでた話が、「軽くドライバーを回し、優しく丁寧にあつかう」事が大事ということでした。
力任せに行う事はいけないのです。
これは、何もねじ回しに限った話ではなく、ほかの場面でも同じことがいえると思ったのです。
久々にねじ回しをしながら思い出しました。

Facebook Comments

-雑記帳

執筆者:

関連記事

no image

集中力散漫?雑務に追われる日々

このところ頭を悩ます問題が多い為か、なかなか仕事がはかどらない。 体力が無くダメだこりゃ。と言わんばかり。 仕事に波があってはいけないんですがどうも不調に思う。 仕事がはかどらない事を言い訳にサボって …

no image

iPadとその用途

今更ですがiPad2を入手しました。 私にとってiPadがどういうことで革新的か考えた事はあまりありませんでした。 発売された当初において、その必要性?を感じなかった事は勿論の事、どんなことに使えるか …

no image

例年と違って

残暑も彼岸までと言う言葉がありますが、ここ長崎では、暑さもおくんち(10月9日)頃までと言う話があります。 例年、この時期は寒いという印象は無く、むしろ暑くて困った と言う日が多かったのが正直な感想で …

no image

佐川急便を訴えたプロダクション会社について考える

気になる記事の引用  女優の竹内結子(30)、柴咲コウ(29)、北川景子(24)らが所属する大手芸能事務所「スターダストプロモーション」(Sプロ)が、荷物の配送料などを詐取されたとして佐川急便の配達員 …

no image

指定金融機関について考える

最近は、銀行振込というよりはカードやコンビニ決済が主流になってきた感じを受けます 一方で、口座振替となれば、引落可能な金融機関を選択しなくてはならず、これもまた大変な話題です。 今までは、銀行=近所に …