携帯電話の夏モデルが登場

ソフトバンクを始め、各社発表された新型機種は ソフトバンクはTwitterアプリを全機種に標準搭載。iPADの発売も含め、増収体制を整えているのが今回の見所です。 http://live.mb.softbank.jp/mb/special/10summer/product/twitter.html ドコモは関連サービスとの連携(WiFi機能の拡充) http://www.nttdocomo.co.jp/product/foma/2010summer_feature/index.html KDDI(au)は、タフネス+高性能携帯電話 http://www.kddi.com/corporate/news_release/2010/0517/besshi.html とそれぞれ特色はあるものの、ソフトバンク・ドコモは20機種に対し、auは10機種にとどまっています。 多数の販売機種が増えたからといって、購入するユーザ層の傾向は「ハイエンドスペック」を購入するユーザと「ただ通話できれば良い」ユーザに分かれているのは、周知の事実でしょう。 もっとも、第3世代携帯電話から少しずつ第4世代に移行を始めているだけに今後の動きは、注目して見るのもまた一つではないだろうかと思うのが現実です。 (3.5世代とか3.9世代などという方もいますが、正式な第4世代までには後数年かかりそうです) 携帯電話のライフサイクルが長くなっているのが最近の特徴です 2年継続利用がほぼ前提条件になっているのは、新規購入ではなく「継続利用・機種変更」にある傾向が強く (もちろん、高額機種は従前通り、分割または一括支払いがありますが) 携帯電話の利用料金がここ数年来、高騰しているように見受けられます。 先日、機種変更したばかりの私にとって、一昨年はau、昨年はドコモ、今年はソフトバンクと携帯電話の機種変更をほぼ1年ごとに1回行っている計算になります。 ただ、このライフサイクルで行えば、3年に1回の機種変更ですので 携帯会社からみれば、「上客」と見るでしょうけど 私のようなユーザが一番「儲からないユーザ」かもしれません。 特に機種変更もめったにしない代わりに、通話もほとんどしませんので「ポイント」は0に等しく、機種変更時の支払いも一括で支払う様にしているため、月々980円で利用する事も現実可能になっています。 ※2年以上利用すると、継続利用割引が上限まで割り引きされるため、キャンペーンなどがある場合無料で機種変更する事が可能 携帯電話の分割払いは「パソコンの分割ローン」と変わらないほどの支払い金額になる事が多く 携帯電話ってそんな高いのか?と驚愕する事があります。 いくら分割払いで金利0円としても 私にしてみると「分割金利込」であって、一括払いの人だけが「損」する様な仕組みに見えてなりません。 携帯電話の料金が高いと感じる場合は、2台携帯電話を持って、相互MNPが良さそうに思えます。 2年たったら、ドコモからauにして、auはソフトバンクにして、2年たったら次は、auはドコモに、ソフトバンクはauにというのも手かなと密かに考えたりします。 そうすると、キャンペーンキャッシュバック+MNP特典がつくので一石二鳥かなと思ってしまいます。 携帯電話会社にこだわりが無ければ、2年に一度携帯会社を代えて機種変更をするのもおもしろそうです。

パソコンと夏モデル

パソコンの夏モデルがぼちぼち登場し始めた頃かなと思う今日この頃です。 パソコン屋が自分の商売道具であるパソコンをなかなか買い換えないのは、自分の持ち物まで目が届かない事であり良くありませんが Windows7が昨年秋に発売されはじめて、もうすぐ1年が経過する今回のモデルで注目すべき点は 1:OSの64ビット化が進んでいる事 2:ハードの性能と用途でバージョンの種類が増えたこと 昨年、32ビットと64ビットの違いについて取り上げた事がありましたが 当時は、あまり「32ビット版」と「64ビット版」それぞれにおいて、差異は少なく、むしろ互換性が高い32ビット版の方が良い事もありました。 しかしながら、64ビット版が増えるようになった背景に「32ビットOSの限界値」に到達した現実があります。 私自身は今ひとつ実感がわきませんが 32ビットのメモリ空間の限界値が4GBである事は、あまり知られておらず 今回の32ビットから64ビットに切り替える際に、初めて「64ビットOS=4GB以上のメモリを使う場合」という一つの構図が出来たのです。 現在のパソコンのメモリ搭載構成図は 1GBモデル 2GBモデル 4GBモデル と大きく3つに分けられ、1GBモデルは、廉価版などのパソコンに多く見られ、専門家の視点から見た場合に「推奨」は正直出来ません。 ただし、ネットブックなど特定の用途に限った場合においても2GB以上ある方が好ましく、後々の事を考えれば除外するべきと判断します。 2GBモデルは、Windows7を運用するにあたって、標準メモリです。 一昔前のWindowsXPの256MB程度に相当すると判断するとわかりやすいと思います。 WindowsXPで2GB搭載のパソコンであれば、一通り使う上で、支障がでる事は現実ありません。 ただし、Windows7にて使う場合は、日常支障はでないもののあまりおすすめできる状態ではなく、やはりメモリ不足を感じる事があります。 現在私の使っているノートパソコンは、WindowsVistaから7へアップグレードを行い、メモリも2GBに増設して使っていますが、ほとんど支障がでる事はありません。 ただし、前記の通り、32ビットOSにおいて、限界値の関係上増設の選択肢は無いため、メモリ増設を今後考える場合は、2GBモデルのWindows7は、32ビット版の可能性が高く、支障がでる事があります。 (ちなみに32ビット版・64ビット版のOSの単価に差異はありませんが、相互入れ替えとして使う事は残念ながら出来ません。ご注意ください) ※32ビット版から64ビット版へ入れ替えは新規インストールとなり、互換性は無い このことから、今後購入すると考える場合は、原則4GB+64ビットOS搭載モデルが好ましく、拡張性・その他使い勝手も良くなると思います。 ちょうど、同じ事がWindows98からWindowsXPに切り替える際に起きた現象がちょうど今起きています。 これまでのOS問題に加え、アプリケーションのOfficeシリーズ(ワード・エクセルなど)も同時に、新バージョンへ移行しており、この点も見逃せません。 これまで約10年ほど続いたファイル形式が一変され、これまでのワード・エクセルでは読み書きが出来ません。 特に、外部ユーザとやりとりする場合は、特段の注意が必要になります。 是非値段とあわせてOSの64ビット版の違いは何か?を注意深く見る必要が増えてきました。 追伸 Windows7が64ビット版+2GBのモデルの場合はメモリ増設がおすすめです