事例紹介

安いパソコンを仕入れる方法 :: 事例紹介

投稿日:

image_pdfimage_print

思いの外

安いパソコンって見つからない

手元に転がるパソコンは、すべて故障品

故障品を修理して使えるケースは五分五分で大半のケースで新品交換になる事が多い

先日納品したパソコンもハードディスク破損が原因で仕入れたものだったが

修理が前提になる仕事はどうしてもしんどいように思う。

やっぱりパソコンって難しいとおもった今日この頃である。

というわけで

使わなくなったパソコンなどありましたら、お電話ください☆

長崎市内近隣地域は、いつでも引き取りに伺います

では、また明日〜

Facebook Comments

-事例紹介

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ギガビットLANとアクセス障害について(その2) :: 事例紹介

昨日に続き、本テーマについて事例を一つ 昨日、取り付けたLANアダプタも動かず、実際のお客さんが使っているケーブルでも認識しなかった事態が発生した昨日の件ですが うちの事務所では、何事もなく動作するパ …

電気料金見直すなら季時別電灯契約のススメ

先日の新聞で、発送電分離の記事が載っていたのを機に、従量電灯の契約から季時別電灯契約の変更に切り替える事にしました。 季時別電灯契約の仕組みは 「時間帯」と「季節」で電気料金が変わる仕組みで 朝10時 …

ハードディスクの修復作業 :: 所長のつぶやき

今日もハードディスクの修復はどこまで可能か?という相談がありました。 結論としては必ず「100%」の状態で戻せる保証は無いということ。 それでも1でも戻る可能性があれば、わらにもすがる思いです。 復旧 …

no image

au one netのオンラインサインアップの痛い話 :: 事例紹介

こんにちは、大楠です。 さて、今日はau one netの痛い話。 先日、急にインターネットがつながらなくなったお客さんの回線を復旧するために、急遽サインアップをした私。 ここまでは何一つ問題も無い話 …

no image

最近のブログランキング :: 事例紹介

個人的にアクセスが多いランキング 「配達記録郵便廃止」のお知らせ「ゆうちょ銀行」「料金受取人払い郵便」「パソコンとメモリの関係」「プリンタの修理」など・・・ と言うわけで、実際に多い企業から見た際、な …