未分類

昨夏からの電力不足問題に対応するべく、考えた一つの案が 「パソコンはデスクトップからノートに」 「データ通信はパソコンよりタブレット端末」 「ファクスは電子メール受信型へ」 とどれをとっても、利用する環境が大幅に変わる現在、どれが一番適切かは分かりません。 ただ一つ言えそうな話題は、節電というのは回り回って「経費削減」になる訳です。 節電といったきれい事で片付けるのはかんたんですが、実際は新しい機械の投資がどれだけ必要になるかと言う点。 パソコンのスペック一つとってもレッツノート1台あれば、ほぼ何でもこなせます。 節電グッズになるのは、やはりペーパレスにする事。 プリンタの消費電力は正直いって「かなり」でかいと思います。 これらをどう消化するかが実際必要な事と思いますし、今後どのように対応するかも課題の一つです。 本命は通信インフラのコスト削減。これに関しては本腰入れて取り組むしかなさそうです