日本郵便研究

郵便局と郵便事業が合併「日本郵便」

投稿日:

image_pdfimage_print

平成19年の民営化から早5年が経過しようとするところで、先の国会で会社統合が決まったこの2社
細かい話は割愛しますが、さてこの「日本郵便」は、そもそも郵便事業会社が使っていた名称で、10月1日からは、郵便局と郵便事業が統合して「日本郵便(株)」になる。
今回の統合によって変わるのは、これまで事業会社がもちいていた「支店・統括支店」の名称が無くなり
すべて「郵便局」扱いになると言う。
しかしここでまたやっかいな問題が増えた印象があるのは
これまで「集配センター」となっているのは「支店の下部組織」で、深堀地区を例に挙げると
「長崎支店深堀集配センター」となっているのが、10月からは「長崎中央郵便局深堀集配センター」と再改称される可能性が高い。
(訂正:統合後は「深堀集配センター」より「長崎中央郵便局(深堀)」となります。)
でも何となく変な感じもするので、単純に「深堀郵便局」でいい感じもするのだが・・。
こうなったときの次の姿も想像が付き、5年後になるか10年後になるか分かりませんが
日本郵政と日本郵便が合併して「(新)日本郵政」になるのではないか?と予想。
そうなって最後には、民間から「公社」に戻る?大胆な予想を立ててみますが、NTTの様な事業系とはやや業態が異なる為、公営企業で続けてほしいのが個人的な希望である。
郵便局会社と郵便事業会社の違いが分からず、なぜ別会社で無ければいけないのか?
これは、当初からの疑問だった。
むしろ今回の形態でなぜ民営化しなかったのだろうか。
当面はこの統合によって、混乱が増えそうな勢いである。
利便性向上より、業務効率化ではないだろうか。
一番今回の件で、大変なのは、郵便事業会社側に所属する配達員だろう。
これまでは、配達・集荷業務が中心だったところに、貯金・保険が加わってくるから確実に負担は大きくなるはず。
それでも、貯金・保険に関しては、市中金融機関や保険会社と似て異なる為、その辺りも非常に気になる。
どうなるんだろう・・・。

Facebook Comments

-日本郵便研究

執筆者:

関連記事

no image

内容証明郵便のからくり。後納料金にできない「証明料」の怪

先般からある件で、内容証明郵便を差し出す事になった際 「窓口提出」の内容証明と「オンライン」の内容証明では手数料が違う事はわかりました。 しかし、日常から「後納郵便」を使う私にとって衝撃的な事実がわか …

no image

郵便為替と銀行小切手

今日は、キャッシュバックキャンペーンで届いた郵便為替を換金するべく郵便局へ。 裏面に書いてある、奇妙な文字?に疑問を持ちつつ窓口で尋ねる。 銀行の小切手は銀行窓口で預金口座に入れるというごく当たり前? …

郵便局の新サービス「ゆうパケット」と「クリックポスト」

日本郵便から発表された、新サービスの名称が「ゆうパケット」と「クリックポスト」 商品としてはいずれも同等で、ゆうパケットが一般事業者向けで、クリックポストがヤフーを経由した個人向けサービスになっている …

no image

後納郵便と集配業務の基本的な仕組み

自称日本郵便研究員のおおくすです。 さて、日頃から疑問(?)な後納郵便の仕組みについて、私見を交えながらご紹介。 これは、長崎支店をベースに説明していますが、他の支店も基本的には同じ流れをくんでいます …

料金後納郵便をより便利に「後納ポストイン」

今まで二の足を踏んでいた料金後納郵便を便利に使うサービスが始まった。 サービス名は「後納ポストイン」   http://www.post.japanpost.jp/whats_new/201 …