インターネット

新型iPhone5が予約開始

投稿日:

image_pdfimage_print

世間は、iPhone5の予約が始まり、お祭りムードが感じる一方で個人的にはやや盛り上がりに欠ける今日この頃です。
昨年のソフトバンクの対抗プランが無く、小刻みな乗り換えコースにはいささか乗り換えに向かないのです。
既存ユーザ向けに 8000円割引(8ヶ月にわたって1000円割引)というのは昨年の分割金相殺にはほど遠く、
これが新プランになると
月々 6,755円+1,920円-1,000円=7,675円
※16GBプランの実質負担額0円で計算
となり、私の場合はあと4ヶ月程度の残ですので、相殺額はほぼ±0です。
そうなれば、事実上の値上げとなります。
性能面において、au版とsoftbank版では、今回は大きく変わる事になります。
その差の一つに、テザリング機能があります。
auのスマートフォンでは、HTCを始め、半数のスマートフォンでは既にテザリング機能を有しており、昨年iPhone5がでると噂された際も、auはテザリングが搭載される。とリークされていました。
結果、昨年の時点ではiPhone4Sとマイナーチェンジ版に留まり、テザリング機能は見送られましたが、今回はiPhone5となり待望のテザリング機能が搭載された点は、実に歓迎されるべき点です。
さらに、auが推進している[g]FMC[/g](固定+移動体の融合:Fixed Mobile Convergence)の一環として始まった
「auスマートバリュー」において、iPhoneの月額料金は実質1500円割引となる故、softbankのスマホBB割がかすむのは言うまでもありません。
私は内容次第では、機種変更も考えていましたが、ダメだこりゃと思い、当分はキャリアの動向をみて考えるところです。
年明けに出す結論は固まり、
更新期間中にパケット定額に関するプランをフラットから2段階定額プランへ移行し、分割金が精算できた段階と思うのですが実際どうなるか不安もあるので詳細はカスタマセンタへ問い合わせた上で結論をだしたいところです。
ただ、11月からホワイトプランが「標準プラン」に名称変更したり、プランXが増えたりと既にこれまでの「料金プラン」の形態が既に「崩壊」しています。
ドコモのXiプランもそうですし、auのプランZもそうです。
追加施策がカギになるiPhone5です
9月21日が楽しみになりました

Facebook Comments

-インターネット

執筆者:

関連記事

no image

ソフトバンクの「スマホBB割」で大騒動?

先般から、話題になっていた「ソフトバンクのスマホ割引キャンペーン」の全容。 主な骨子は次の通り 1:スマホのパケット定額を月額430円割引(3980円へ) 2:IP通話サービス(ホワイトコール24)へ …

no image

モバイルビジネスに役立つサービスとツールiPad+050FAX

近頃、wi-fi端末が普及の兆しを見せ、モバイルビジネスが加速している印象すらうけますが どんなやり方が良いのか?改めて考えて見ました。 ビジネスに役立つツールと言えば 「スマホとタブレット端末」 以 …

メアドにこだわり!?~キラキラメアドと傾向

メールアドレスにこだわりを持つ。   私がメールアドレスを最初に持ったのが、biglobeとnifty niftyのメールアドレスについては、もう15年以上は使っているが、たぶん誰も知らない …

NTT東西の光コラボレーションサービスの転用について

2015年1月28日に、NTT東西から発表された光コラボレーションサービスの転用の流れについて説明が掲載されました。 2月1日から転用(転出)に必要な番号を通知されるので NTTの116(携帯からは0 …

no image

新型iPhone5sとiPhone5cの販売で国内市場は戦国時代へ

現地時間9月10日午前10時に発表された新型iPhone5sのリリースは大方の予想通りだった。 スペック表を見る限りではiPhone5sとiPhone5cの違いは若干あるものの、指紋センサーや動画機能 …