ブレーキブースター

以前から気になっていたブレーキの制動がここ数日顕著に目立ち、トヨタへ電話をしてみた。
http://bit.ly/Uuj0D3
軽くブレーキを踏んだだけで「急ブレーキ」がかかるのは正直心臓に悪く、この件でブレーキが利かずに・・・。
と言う事があった訳です。
この日も実際、トヨタに電話をしたものの、問題なさげな話でしたが、思い返せばやはりあの時、既にやばい状態だった事を思い出す。
素人は「具体的に症状を説明できない」という。
これは、車やその他の事案に関わらずであって、私は口癖の様に「トヨタでメンテを必ずする。多少遠くても行く。高くても良い。」と公言している。
つまり、自分の命に関わる車を誰に託すかと言えば、やっぱり車を買ったトヨタ以外には任せられない。と言うだけの事だろう。
こういった「直感」は、これまでは「アテにならない」と思っていた節が自分の中であって今回に関しては、「異常が無ければ別に良い。ただ、キチンと調べてもらおう」という結論に達した。
昨日も、客先で「パソコンが壊れる前兆はなかなか見えませんが、経年劣化があるので早めに・・・」と促した立場とは言え、もし、長く使うなら定期的にメンテをすべきだ。と私自身は合わせて申し上げているところである。
トヨタで片道1時間かけて点検に行くのは、はっきり言えば「アホの極み」である。
なぜなら、同じトヨタ系列のお店は、深堀から10分くらいで確かにある。
それでも1時間かけて行く価値はどこにあるのか?と言えば、紛れも無く「信頼」があるからだと思う。
定期的な点検や整備は、近所で行ってこういう高度な案件?の時だけトヨタというのは、正直行きづらいし、それ以外のメンテなどの不具合が見つかって追加請求される可能性もある。
正規ディーラーで点検するのは、そういった「安心」と「専門」である2つを兼ね備えているところだ。
さて本論に入る
ブレーキブースターとは、ブレーキの踏み加減を上手に調整する機能らしく、今回はこの部分の不具合だという。
作業時間もかなり掛かるので、預かり点検になるだろう。と言う結論に達した。
結論、点検は「こまめに、気づいたらすぐ連絡せよ」
そんな訳で、気になったら、ディーラーへ持ち込む。
事故になってからじゃ遅いんで・・・(ってもうやっちまいましたが)

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.