おおくす的休みの作り方

個人で仕事をしていると、仕事と休みの間が無く、いつも仕事という事態に陥りやすいものです。
休んでいる感じがしない方も勿論いると思いますが、じゃあいつ休んでいるのか?と言えば
土日・・と言う答えは残念ながら、違います。
土日は平日こなした雑務を処理する日程が積まれている関係上、フルタイムで仕事はこなしていませんが、やはりパソコンの前に向かう事が多い様に思います。
休み方のコツといえば、「一日休む」のではなく、「半日休む」という考え方。
営業時間は午前10時から午後6時というのが基本ですが、やる気がしない(?)時は、午前中は休んで午後から仕事という事は多々あります。
前日が飲み会だった日の翌日は特段の事情が無い限り、確実に午前中は休んでいます。
逆に私用があるときは、午前中に仕事を片付けて午後から出かける事も勿論あります。
その間の仕事が入ったら?と言う場合も、電話があれば携帯に入るから実際はそれほど気にとめてはいません。
そうやって切羽詰まりながら仕事していたらとうてい疲れてしまう訳です。
いかに時間を見ながら休むか?と言う事に注力するのも大事ではないか。と思うわけです。
がむしゃらに仕事をしていた頃も勿論ありますが、空回りして逆に効率が悪かった様に思います。
休みは与える物でなく、作る物。
時間が無い時間がないと言うのは、単なる言い訳であるから「うまく工夫する」という意識でこれからも取り組みたいと考えています。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.