不測の事態に備えてみる

やりたい事が目白押しですが
気づいたら11月もあとわずか
このところ連日連夜の出張で心身共にグッタリ
今日は某電話会社から連絡が入る
事務員からの連絡では「ファクスの請求の件で」と言うから連絡をしてみる
うろ覚えで電話を掛けてみるが無事に連絡が取れたのでまずは質問をぶつけてみる
・・・しかし、なかなか返りが悪く
結局尋ねてみると、担当者が無理矢理事務員に伝言したことに起因した
私は日頃から思うのだが
担当者が外出しているのであれば「伝言」よりも「ファクス」か「メール」だと思う。
連絡してくる相手がITに疎い企業(顧客)であれば、改めて連絡するとかもあるが
むしろ、何の為の事かすら理解に苦しむと言ったところでしょうか。
連絡が取れないから無理に伝えるより「メール」がよいのか「ファクス」が良いのかは
尋ねて可能ならトライするべきだと思う。
私は、こみいった連絡ある場合は、ファクスは良いか?と尋ねる
誰もが忙しい
だからこそ「フィット」したサービスを提供する事は大事である。
不測の事態に備え取り組んでいきたい所である

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.