結果主義

ビジネスとは案外「シビア」なものです
結果が出せない人間・会社は自然と淘汰され、その行く末は見るにも無惨です。
サポセンの能力は一言に「状況判断」を的確にこなせるか?にかかっており、こなせない人間はそれ以上、声もかかるはずがない。
どんなに「悪態」であっても、しっかり結果を残せるような人間であれば、不問であるケースが多い
逆に、愛想が良くても「仕事」ができなければ、誰も頼まなくなる
これが現実だろうか。
私は「謝罪」するくらいなら「結果」を残せと言います。
そのため「結果」を残せれば、多少の悪態は「大目」に見過ごす訳です。
結果主義・名前の響き以上に怖い言葉も無いかもしれません。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.