儲かっているの基準

今朝は、市内某所まで見積書を提出に出かける。
儲かってる?と尋ねられるので
あんまり儲かってないですよ~と答える(仕事を選べるほど多くない・・汗)
お客さんは、「続け切れているから儲かっているんだよ」
と僕にいう
「なるほど」と思わず頷く自分。
考え方一つ、仕事もそれぞれ
行き着くところもっともな話だと思う。
うちの会社の近頃の考え方は
種まき3年、収穫2年
目先の事は全く考えていない。むしろ「考える余裕がない」のである。
その結果、目に見える形になるまで時間がかかる。
最近はそれも一つの楽しみに思えてきた
焦りは禁物、しかし、結果は残さなくてはいけない。
年々厳しくなってきたように思う。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.