耳の痛い話

大企業の応対マニュアルから見る落とし穴~「私は確認すると言ったが、連絡するとは言ってない」

投稿日:

image_pdfimage_print

日々の生活を行っているとトラブルがどうしても発生してしまうのは致し方ない

そんなところを思う訳です。

 

トラブルが発生したときは、組織が大きくなればなるほど伝達事項がどんどん逓減していき、要望と元々の趣旨からかけ離れていく事は多々あります。

その中でも、日々の対応で、様々な迷言を賜るのです。

久しぶりに印象に残った迷言といえば

「私は確認すると言ったが、連絡するとは言ってない!」

まさにこの一言に尽きるわけです。

この言葉は、某大手通信企業のセンター長の発言でして、開いた口がふさがりませんでした。

トラブルが発生したときの初動といえば

  • 「状況を把握する」
  • 「事態の沈静化を図る」
  • 「要望を精査する」

ですが、これよりももっと大事なことがあると考えます。

トラブルが発生すると、その対応コストは膨大です。

一般企業であれば、余剰利益は軽く吹き飛びます。

対応の基本姿勢

「どんな事であれ、約束を守る」

ほかになく、これにつきます。

約束を守るというのは、立場違えど、できるできないがあると思います。

その中でも、状況を把握できず回答できない事で「折り返し連絡」を行うと約束したなら、必ず「折り返し連絡」を行う。

連絡する時は「時間」を必ず伝える事も大事です。「わかり次第・担当者より」という曖昧な事でなく、

内容如何に関わらず「10分なら10分以内、13時なら13時」などといった「約束(コミット)」が大切です。

逆に言えば、しつこいくらい「折り返し連絡」を行えば、どんな人でも「根負け」するものです。

トラブルが発生したときに、「誠意」は正直どうでもいいのです。

「結果」をきちんと出せれば、自然とそれが「誠意」に変わります。

連絡を取り続ける事は非常に大事です。

「自分から絶対に電話は切らない」

これもトラブルをさらに大きくするので、どんな事があれ相手から切らない限り続ける

この行為は後々の問題に発展するので、かなり重要です。

 

効果的な方法

いずれにしても、相手からの要求が困難であるならば

「電話連絡」はしつこいくらい緊密にとる

これにつきます。

相手から「しつこい」と言われるまで行うのが重要

連絡しないといった放置行為は許される行為ではまずありません。

 

最後に

いずれにしても、社内ルールと社会通念はどちらが重用されるかといえば、社内ルールは通常時における流れであり、緊急時において社内ルールを適用したいのであれば、必要な事を履行するための努力を怠らない事。

社内にとって当然というルールも、一般社会において通じないルールは「ダメ」である事。

トラブルが発生したら、解決するまでひたすら動き続けて納得してもらうまで努力を怠らない事。これは、私の会社にもいえる事ですので、他社だけを一方的に非難できません。

責任者が失態を行えば、事態収拾は困難になる故、改めて対応が望まれます。

 

トラブル対応は、

「先手必勝」

「鉄は熱いうちに打て」

「生もの」にたとえられるように迅速な対応が求められます。

長期化すればするほど、その傷口は大きくなるばかりです。

今回改めて、考えさせられました。

Facebook Comments

-耳の痛い話

執筆者:

関連記事

no image

馬鹿につける薬は無い

このところ、あまりにも頭にくる事が多いせいか、こういったタイトルはかなり過激に思えます。 実際のところ、私とやりとりした経験のある諸氏はわかると思いますが、対応として言えば 「いい人」と思うか「最悪」 …

no image

今だからわかる事

30代になると、今までのように「新人」という扱いは無く、当然のように「中堅」といった扱いになってしまいます。 それが今だからわかる様な事は一つ二つでなく、人の生死に関する事を一つとっても同様な事かもし …

スパムメールに関する対応に関する基本指針

メールが届く件数は一日数百通届く中、本当に必要なメールはわずか5通。 メールの振り分けが大事な理由として   業務として必要とするメール、必要としないメールに振り分ける行為は正直苦痛で、近年 …

no image

機材整理から学ぶ~整理整頓のあれこれ

日頃から、モノはきちんと片付けよ。 とはよく言う話で、近頃滅多に使わないデジタルカメラの充電器が見つからない。 近頃は、スマホで撮影してメールで転送というのが当たり前になってしまった為か、わざわざデジ …

NTT工事会社内で起きているパワハラと守秘義務とモラル~社会人としての常識を問う

最近困った話と言えば、NTTでパワハラが起きているということ。 事実をNTTへ手紙を送り進言したのだが総務は無視を決め込む始末。 最終的には総務課長は逆ギレして終わり。このままだとNTTは確実に潰れる …